麻酔科

麻酔科の特徴

当科では、副作用を抑えながら「痛みを残さない」を実践しています。また、ご高齢、高リスクの患者さんにも安全を守りながら快適に手術を受けていただけるよう、日々努めて参ります。

診療紹介動画

〇麻酔科紹介動画はこちら

診療内容

麻酔は手術による有害な刺激から患者さんのからだを守ります

  • 意識をなくす、または落ち着いた状態に保ちます
  • 痛みを和らげます
  • 手術が支障なく運ぶよう筋肉を柔らかくします
  • 有害な反射を抑えます

麻酔科医は患者さんの安全と快適のため技術を駆使します

  • 麻酔によって弱くなる呼吸を助けるための呼吸管理をします
  • 全身に酸素を行き渡らせるための循環管理をします
  • 手術中から手術後まで痛みを和らげるための疼痛管理をします

当院では麻酔科の専門医が麻酔をコントロールします

  • 当院は日本麻酔科学会が適正かつ安全な麻酔関連業務を遂行し得る施設であると認めた麻酔科認定病院です
  • 麻酔科の専門医が若手医師、歯科医師を指導しながら麻酔業務を行っています
  • 歯科医師の麻酔科研修に関しては、厚生労働省による「歯科医師の医科麻酔科研修ガイドライン」に準拠した専用の研修指針を定め、研修を実施しています

※ 日本麻酔科学会のホームページにも市民のみなさま向けに麻酔の紹介が掲載されています。よろしければご一読ください。
https://anesth.or.jp/users/common/receive_anesthesia

周術期疼痛管理に2つのキーワード

1.Preventive Analgesia:予防鎮痛

  • 執刀前、手術中、術後を通して侵害刺激を押さえて中枢感作させないようにするPre-emptive Analgesia:先制鎮痛もこの概念に含まれます。
  • 神経ブロックで局所麻酔薬を用いると、半減期より大幅に長い時間の疼痛が得られ、術後疼痛が軽減し、オピオイドの必要量が減少することが示されています。また神経ブロックを行う時期が執刀前のみならず術後となっても、この効果は認められます。

2.Multimodal Analgesia:多様性鎮痛

  • 周術期抗凝固の普及などに伴い、硬膜外鎮痛が使いにくい状況が多くなってきています。一方、患者自己調節鎮痛を用いたオピオイドの全身投与は使用頻度が増加していますが、副作用の発生が懸念されます。このような状況の中で末梢神経ブロックが急速に普及し、さらに非オピオイド鎮痛薬や鎮痛補助薬を積極的に使用するなど、作用機序の異なる鎮痛手段を組み合わせるこの概念が注目されています。

2019年診療実績

年間手術症例数994例(総手術症例1620例中)

全身麻酔症例数972例(全ての全身麻酔依頼に対応)

年間管理症例の6割以上で全身麻酔に区域麻酔を併用し、区域麻酔の約4割が硬膜外麻酔、約6割が神経ブロックとなっています

手術室の中へ

手術室の扉を開けると、ナースステーションが見えます。

ここはまさに手術室の管制塔。

 

そして各ルームへ。麻酔器にはモニタ画面が並び、まるでコックピットのよう。

 

いよいよ手術開始。緊張がはしります。

手術中のあらゆる情報は電子的に記録されています。

スタッフ紹介

平野 勇生 医長

認定等

  • 厚生労働省認定麻酔科標榜医
  • 日本専門医機構麻酔科専門医
  • 日本麻酔科学会認定指導医
  • 日本緩和医療学会緩和医療認定医

役職等

  • 緩和ケアの基本教育のための都道府県指導者
  • 和歌山県がん診療連携協議会緩和ケア・研修教育部会 部会員
  • がん医療とターミナルケアを考える会 世話人
  • 和歌山県がんの痛みを考える会 世話人
  • 和歌山 周術期医療研究会 世話人
  • 紀南の緩和ケアを考える有志の会「すずらん」 代表世話人

専門分野

  • 臨床麻酔、緩和医療

江尻 加名子 医師

認定等

  • 厚生労働省認定麻酔科標榜医
  • 日本専門医機構麻酔科専門医
  • 日本麻酔科学会認定指導医
  • 日本麻酔科学会認定麻酔科認定医
  • 日本心臓血管麻酔学会専門医

役職等

  • 日本ACLS協会BLS・ACLSインストラクター

専門分野

  • 臨床麻酔・心臓血管麻酔・心肺蘇生

井上 周  臨床研修歯科医

沖塩 悠希 臨床研修歯科医

TEL 0739-26-7050㈹
FAX:0739-24-2055
診療受付時間
午前8時30分~午前11時
休診日
・土曜日・日曜日、祝祭日
・年末年始(12/29〜1/3)
〒646-8558
和歌山県田辺市たきない町27-1
外来のご案内外来のご案内 入院のご案内入院のご案内 診療科のご案内診療科のご案内 交通アクセス交通アクセス

病院のご案内

外来のご案内

入院のご案内

新着情報

医療関係者の方へ

診療科のご案内