病院指標

■平成30年度 病院指標はこちら
■平成29年度 病院指標はこちら
■平成28年度 病院指標はこちら
■平成27年度 病院指標はこちら

令和元年度 南和歌山医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 16 69 70 111 257 440 958 1625 1355 504
令和元年度(平成31年4月1日から令和2年3月31日)に退院された患者様の数を年代別で集計しています。
年齢は、入院された時点での年齢で計算しています。
当院では70歳代の患者様が最も多く、また60歳以上の患者様が82%以上を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード

■内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 43 31.51 12.58 18.6 83.14
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 26.38 20.84 16.22 84.78
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 19 13.63 5.39 10.53 68.16
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 18 12.61 7.65 0 58
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 25.57 8.86 7.14 74.64
内科では、腎臓又は尿路感染症に対する治療目的の入院が最も多いです。
平均年齢も83歳と高齢の方に多く、重症化や再発を繰り返している場合も多いです。
次いで、誤嚥性肺炎、腸炎、糖尿病など、さまざまな疾患に対して保存的加療を行っています。

■呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 82 2.57 3.34 3.66 72.87
040040xx99041x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病あり 40 11.7 16.87 0 69.8
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 37 31.03 18.84 0 74.73
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 29 19.41 14.62 3.45 68.86
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 27 7.37 9.59 0 66.52
呼吸器科では、肺がんの患者様の化学療法目的の入院が最も多いです。
ついで、肺がんの診断のための肺生検目的の入院、肺がんの経過観察入院となり、肺がんに関する入院の割合が高いです。
肺がんは2018年のがん統計で、がんによる死因の男性1位、女性2位となっておりますので、早期発見が重要となります。

■消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 168 2.34 2.63 0 66.69
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 52 10.29 8.27 0 72.96
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 10.05 9.79 2.5 75.83
100330xxxxx0xx 栄養障害(その他) 手術・処置等2なし 39 4.51 17.52 15.38 72.95
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 19 9 6.98 0 71.32
消化器科では、小腸・大腸ポリープなどの良性の疾患に対する内視鏡治療目的の入院が最も多いです。
次いで、胃がんに対する上部消化管内視鏡を用いて悪性腫瘍を切除する、早期悪性腫瘍粘膜剥離術(ESD)を行っています。

■循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 99 29.02 17.71 8.08 80.24
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 7.13 4.4 0 71.87
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 16.25 12.37 4.17 71.96
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 23 4.43 5.56 4.35 67.57
050050xx9923xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-2あり 手術・処置等2-3あり 18 5.39 6.13 5.56 72.83
循環器科では、心不全に対する治療目的の入院が最も多いです。
心不全は平均年齢が80歳となり高齢の患者様に多く、治療は薬物療法を実施しています。
また、心筋梗塞や狭心症の患者様に対して、心臓カテーテルやラジオアイソトープなどを用いた撮影を実施したり、ステントを留置する手術などの治療を行っています。

■外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 61 7.89 4.85 0 70.64
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 43 8.28 6.37 0 63.16
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 25.21 20.84 20.51 81.64
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 35 17.03 12.58 11.43 83.09
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 29 5.62 4.36 0 58.1
外科では、鼠径ヘルニアに対する手術目的の入院が最も多いです。
胆のう結石症や胆のう炎に対しては、腹腔鏡下による手術を行っています。
腹腔鏡下による手術は、傷も小さく身体的負担も少ないので、開腹による痛みの軽減や早期回復を見込めます。

■整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 112 56.89 25.94 6.25 84.24
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 79 8.44 5.54 1.27 66.76
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 54 34.74 19.4 12.96 78.15
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 16 31.5 19.59 12.5 71.5
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 14 4.5 4.11 0 37.21
整形外科では、股関節大腿近位骨折による手術目的の入院が最も多いです。
平均年齢も84歳と高いことから、日常生活での転倒によるものが多いと考えられます。
また高齢の方には、胸椎や腰椎の圧迫骨折も多く見られています。
入院期間には、手術後からのリハビリ期間も含まれており、早期の日常生活への復帰に向けて支援を行っています。

■脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 120 17.73 16.13 18.33 72.78
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 8.31 7.1 5.77 63.21
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 9.78 7.34 10.2 60.78
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 11.64 9.67 2.38 75.4
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 26.71 18.81 51.22 76.22
脳神経外科では、脳梗塞に対する治療目的の入院が最も多いです。
脳梗塞に対して、脳神経を保護する働きをもつ注射薬を注入することで脳梗塞による症状の増悪を防ぐことができます。
非外傷性的に発症した頭蓋内血腫に対しては、薬物などによる保存的加療を行っています。

■胸部・心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 55 25.35 11.51 0 73.91
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 22 2.09 3.34 0 72.64
040040xx97x4xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2-4あり 18 20.61 23.13 0 70.78
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 13 3.15 2.78 0 71.38
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 18.42 10.18 0 36.75
胸部・心臓血管外科では、肺がんに対する手術目的の入院が最も多いです。
手術は、胸腔鏡下による肺葉切除(がんの出来た肺葉ごと切除する方法)が最も多いです。

■眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 79 4.13 2.78 0 74.97
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 - - - - -
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - - - -
眼科では、白内障に対する手術目的の入院が最も多いです。
白内障手術の入院期間は、3泊4日によるものが多くなっています。

■放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 11.16 10.25 0 74.53
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし -
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2-2あり -
060010xx99x2xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2-2あり -
060050xx99x2xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2-2あり -
放射線科では、肝細胞がんに対する治療目的の入院が最も多いです。
肝細胞がんに対して、冠動脈化学療法塞栓術(TACE)や血管塞栓術を実施しています。
また、がんに放射線を照射して消滅させたり小さくさせたりする治療も行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 75 11 22 37 8 8 1 8
大腸癌 22 31 50 55 13 49 1 8
乳癌 2 0 2 0 1 1 1 8
肺癌 84 26 70 108 27 67 1 7,8
肝癌 4 2 4 2 4 37 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
国際対がん連合(UICC)によって定められた病期分類別および再発に分けて集計しています。
集計対象期間(令和元年4月1日~令和2年3月31日)に複数回入院された患者様も入院回数分の件数を計上しています。

この指標における「初発」とは、自施設において当該腫瘍の診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
また、「再発」とは、自施設・他施設を問わず初回治療完了後に、自施設にて患者を診察した場合や、治療がん寛解後に、局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
なお、不明に分類されている症例については、治療前の検査入院中に検査結果が出ていない、遠隔転移の有無の評価を当該入院中の情報だけでは病期分類ができないなどが理由として挙げられます。

当院では、がんが出来るだけ早期のうちに、内視鏡的治療や胸腔鏡下・腹腔鏡下治療などの、患者様への身体的負担が少ない治療を行っています。
手術・化学療法(抗がん剤治療)・放射線治療などを組み合わせて早期がんや進行がん、再発・転移がんの状態に合わせた幅広い治療を実施しています。
また積極的な治療だけでなく、緩和ケアによる患者様の苦痛を和らげる治療も行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等
ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 12.38 56.31
中等症 78 23.97 82.05
重症 28 26.86 87.18
超重症 15 35.87 83
不明 - - -
成人の市中肺炎につき、重症度別に患者数、平均日数、平均年齢を集計しています。
市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症する急性炎症です。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です。

定義は以下の通りです。
・入院の契機となった傷病名および医療資源を最も投入した傷病名に対するICD10コードがJ13~J18$に限定する。
・重症度分類は、A-DROPスコアを用いて、軽症~超重症の4段階で表記する。各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類する。

A-DROPスコア
Age(年齢) 男性70歳以上、女性75歳以上
Dehydration(脱水) BUN 21mg/dL以上または脱水あり
Respiration(呼吸) SpO2<=90%(PaO2 60 Torr以下)
Orientaition(意識障害) 意識障害あり
Pressure(収縮期血圧) 収縮期血圧90mmHg以下
5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点となる

上記のA-DROPスコアの該当数により、以下の重症度に分類されます。

軽症 0点の場合
中等症 1~2点の場合
重症 3点の場合
超重症 4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも、超重症とする

一番多いのは、重症度が1~2点の中等症が全体の7割近くを占めています。
軽症の患者様も、38℃以上の高熱が数日続く場合など、容態によっては入院となることがあります。
軽症は比較的若い患者様が多く、中等症以上になると高齢の患者様が多くなり、入院日数も長期化しています。

脳梗塞の患者数等
ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 370 26 76.92 23
その他 30 22.53 76 2
国際疾病統計分類(ICD-10コード)に基づいて脳梗塞について集計しています。

平均在院日数:病院に入院していた日数の平均値
転院率:当院から他の病院に移動して継続入院(転院)した患者数の割合
を集計しています。

当院で脳梗塞で入院される患者様は、発症から3日以内の方が多く、平均年齢は76歳と高齢の方に多いです。
脳梗塞は起こってから時間があまりたっていない時(早期)に治療することが最も効率的です。
特にt-PA治療(t-PAによる経静脈血栓溶解療法)は起こって4.5時間以内、カテーテル(細い管)を使用して詰まった血栓を除去する血管内治療は8時間以内の患者様が対象となります。
治療後はリハビリの継続のため、当院からリハビリ病院等へ転院される場合もあります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

■消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 174 0.23 1.04 0 66.89
K6532 胃・十二指腸早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(胃ESD) 55 1.74 7.5 0 72.91
K688 内視鏡的胆道ステント留置術(ERBD) 38 1.91 10.31 5.71 78.11
K721-4 大腸早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD) 29 2.03 6.45 0 68.17
K664 内視鏡的胃瘻造設術(PEG造設) 24 27.67 34.33 16.67 81
消化器科では、内視鏡治療を中心とした手術を多く行っています。
大腸ポリープや大腸腺腫に対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が多く、1泊2日での入院が大半を占めています。
次いで早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD)、早期悪性腫瘍大腸粘膜剥離術といった、粘膜下層にとどまる早期胃がん、大腸がんに対して行われる手術が多くなっています。

■循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 36 2.72 4 0 72.67
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 21 0.19 16.67 0 73.95
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 16 0.31 10.81 6.25 71.31
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 15 1.07 2.73 6.67 71.33
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 12 2.08 3.42 0 63.33
循環器科では、経皮的冠動脈ステント留置術が最も多く行われています。
この治療は、急性心筋梗塞・不安定狭心症・その他のもの(致死性不整脈など)に対して行われ、冠動脈の血管の開通性を保持し、再閉塞や再狭窄のリスクを低減させるために行われます。

■外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 76 6.13 9.92 1.32 66.46
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 56 1.75 4.76 0 70.02
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 29 9.62 15.1 0 72.93
K635 腹水濾過濃縮再静注法 23 2.78 13.04 0 67.65
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 22 9.95 19.41 4.55 74.09
外科では、胆のう結石症や胆のう炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術を最も多く行っています。
ヘルニアに対する手術は、当院では腹腔鏡下に行われる手術と開腹下に行われる手術があり、開腹下での手術よりも腹腔鏡下で行われた手術のほうが入院期間が短くなっています。
腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術は、結腸(盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸)に対して腹腔鏡下に行われる手術であり、開腹下に行われる手術より侵襲が低く退院も早くなることが多いです。

■整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 83 3.46 51.52 4.88 82.66
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 46 1.17 3.61 0 60.72
K0462 骨折観血的手術(前腕) 45 1.98 10.47 2.22 65.11
K0811 人工骨頭挿入術(股) 35 4.03 50.06 8.82 85.29
K0731 関節内骨折観血的手術(股) 20 3.45 33.1 10 60.9
整形外科では、骨折観血的手術を最も多く行っています。
骨折観血的手術とは、大腿骨や上腕などを骨折した場合に行う手術で、転倒したときに受傷されることが多いです。
股関節の骨折をされた時に、股関節の大腿骨頭が壊れ、骨頭を保存しての治療が難しいとき、金属の(柄つき)骨頭を入れ替え、関節機能を取り戻す手術が人工骨頭挿入術です。
いずれも高齢の患者様に多いため、早期のリハビリテーションを実施し、早期退院・社会生活復帰を目指しています。

■脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 61 0.7 13.78 8.33 78.1
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 24 1.63 31.92 29.17 62
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 21 3.67 11.14 4.76 74.62
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 15 4.2 19.07 6.67 62.47
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術を最も多く行っています。
外傷などにより、硬膜下へ血が溜まってしまったときに、血を抜き硬膜下内を洗浄する手術であり、大半が入院初日に手術を施行し、経過観察の後に退院することが多いです。
経皮的頸動脈ステント留置術とは、動脈硬化などで血管が狭くなり血流が悪くなった血管を拡げる手術であり、当院では高齢の方が多く、14日前後で退院されています。
脳動脈瘤は何かのきっかけで破裂することがあります。脳動脈瘤頚部クリッピング術は脳動脈瘤に対して行われる一般的な手術です。

■胸部・心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 39 2.92 24.64 2.56 73.28
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 28 2.5 16.46 0 71.46
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 19 10 13.21 5.26 44.58
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 - - - - -
K6171 下肢静脈瘤手術 抜去切除術 - - - - -
心臓血管外科では、肺がんに対する胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術を最も多く行っています。
肺は5つに分かれており、右肺は上葉・中葉・下葉、左肺は上葉・下葉となり切除範囲によって手術の手技が変わります。
胸腔鏡下肺切除術とは、自然気胸や肺の腫瘍に対して行われる手術で平均年齢は比較的若くなっています。

■眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 81 0.15 3.11 0 75
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
眼科では、白内障に対する水晶体再建術を最も多く行っています。
水晶体再建術とは、白内障により水晶体が濁って視力が低下した場合、水晶体を砕き吸引して、眼内レンズを挿入する手術です。

■放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 21 1.71 8.9 0 74.76
放射線科では、肝細胞がんに対する血管塞栓術を最も多く行っています。
がんの栄養となる肝動脈等にカテーテルを挿入し、抗がん剤と塞栓物質を投与して血流を遮断し、がん細胞の増殖を抑える目的とした治療です。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 31 0.57
180010 敗血症 同一 11 0.2
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術処置等の合併症の症例数と発症率について集計しています。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です。

入院契機について
同一とは、入院のきっかけとなった病気の診療目的で入院し、入院のきっかけとなった病気の治療を最も行った場合を言い、異なるとは、入院のきっかけとなった病気の診療目的で入院したが、入院のきっかけとなった病気とは別の病気(併存症・続発症)の治療を最も行った場合を示しています。

播種性血管内凝固症候群とは、小さな血栓が全身の血管のいたるところにでき、小さな血管を詰まらせる全身性の重篤な病気です。
当院では、播種性血管内症候群の患者様は入院契機が「異なる」症例が多く、他の疾患で入院中に発症するケースが多いです。

敗血症とは、生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が多量に入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症状です。
当院では、敗血症の患者様は入院契機が「同一」症例が多いため、敗血症を発症後に入院するケースが多いです。

手術・処置等の合併症とは、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行していますが、
一定の割合で手術創や腹腔内に感染が起こってしまう術後感染症、胃や大腸の内視鏡的治療後の消化管出血などがあります。
更新履歴

平成30年度 南和歌山医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 175 77 65 99 226 398 971 1462 1355 451
平成30年度(平成30年4月1日から平成31年3月31日)に退院された患者様の数を年代別で集計しています。
年齢は、入院された時点での年齢で計算しています。
当院では70歳代の患者様が最も多く、また60歳以上の患者様が75%以上を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード

■内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 35 32.37 20.92 17.14% 81.11
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 24 22.50 12.58 4.17% 79.21
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 22 17.36 5.42 4.55% 66.59
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 定義副傷病なし 14 26.79 13.90 0.00% 62.86
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 13 16.23 10.03 7.69% 75.69
内科では、誤嚥性肺炎に対する治療目的の入院が最も多いです。
平均年齢も81歳と高齢の方に多く、重症化や再発を繰り返している場合も多いです。
次いで、腎臓や尿路の感染症、腸炎、糖尿病など、さまざまな疾患に対して保存的加療を行っています。

■呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし 106 9.08 10.00 0.00% 70.75
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 67 3.18 3.43 0.00% 71.63
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 40 17.48 14.58 5.00% 73.53
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-8あり 29 6.62 10.62 0.00% 64.38
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 25 27.12 20.92 16.00% 83.20
呼吸器科では、肺がんの患者様の化学療法目的の入院が最も多いです。
ついで、肺がんの診断のための肺生検目的の入院、肺がんの経過観察入院となり、肺がんに関する入院の割合が高いです。
肺がんは2017年のがん統計で、がんによる死因の男性1位、女性2位となっておりますので、早期発見が重要となります。

■消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 120 2.30 2.67 0.00% 65.75
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2-なし 57 11.47 8.52 0.00% 73.14
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 33 14.45 10.08 6.06% 76.33
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 21 10.52 7.09 0.00% 71.29
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 19 15.63 13.07 0.00% 59.74
消化器科では、小腸・大腸ポリープなどの良性の疾患に対する内視鏡治療目的の入院が最も多いです。
次いで、胃がんに対する上部消化管内視鏡を用いて悪性腫瘍を切除する、早期悪性腫瘍粘膜剥離術(ESD)を行っています。

■循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 109 27.56 17.66 9.17% 81.95
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 30 5.73 4.47 0.00% 67.80
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-2あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 27 3.41 3.15 0.00% 68.93
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 25 5.20 3.01 12.00% 70.40
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 24 15.96 12.52 4.17% 70.75
循環器科では、心不全に対する治療目的の入院が最も多いです。
心不全は平均年齢が82歳となり高齢の患者様に多く、治療は薬物療法を実施しています。
また、心筋梗塞や狭心症の患者様に対して、心臓カテーテルやラジオアイソトープなどを用いた撮影を実施したり、ステントを留置する手術などの治療を行っています。

■外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 51 8.98 4.96 0.00% 70.16
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 30 9.70 6.52 0.00% 62.73
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 21 2.67 2.67 0.00% 69.76
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 20 11.15 7.30 0.00% 65.15
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 20 20.40 16.49 0.00% 73.20
外科では、鼠径ヘルニアに対する手術目的の入院が最も多いです。
胆のう結石症や胆のう炎に対しては、腹腔鏡下による手術を行っています。
腹腔鏡下による手術は、傷も小さく身体的負担も少ないので、開腹による痛みの軽減や早期回復を見込めます。

■整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 104 44.49 26.30 23.08% 84.70
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 38 11.39 5.68 0.00% 66.05
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 33 35.03 19.61 21.21% 72.67
160740xx01xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 定義副傷病なし 18 11.06 5.55 5.56% 29.89
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 14 38.50 19.32 21.43% 80.93
整形外科では、股関節大腿近位骨折による手術目的の入院が最も多いです。
平均年齢も84歳と高いことから、日常生活での転倒による外傷などによるものが多いと考えられます。
また高齢の方には、胸椎や腰椎の圧迫骨折も多く見られています。
長期の入院期間中には、手術後からのリハビリ期間も含まれており、早期の日常生活への復帰に向けて支援を行っています。

■脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし 100 15.00 16.18 14.00% 73.15
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 53 22.53 18.72 56.60% 70.00
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 50 8.04 7.35 14.00% 65.68
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 45 8.02 7.28 6.67% 70.31
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 39 12.95 9.69 2.56% 75.92
脳神経外科では、脳梗塞に対する治療目的の入院が最も多いです。
脳梗塞に対して、脳神経を保護する働きをもつ注射薬を注入することで脳梗塞による症状の増悪を防ぐことができます。
非外傷性的に発症した頭蓋内血腫に対しては、薬物などによる保存的加療を行っています。

■胸部・心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2-なし 54 25.83 11.87 0.00% 74.07
040040xx97x4xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2-4あり 18 23.67 23.51 0.00% 69.22
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 14 19.93 10.08 0.00% 34.86
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2-なし - - - - -
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし - - - - -
胸部・心臓血管外科では、肺がんに対する手術目的の入院が最も多いです。
手術は、胸腔鏡下による肺葉切除(がんの出来た肺葉ごと切除する方法)が最も多いです。

■泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 12 7.75 7.20 0.00% 78.08
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 定義副傷病なし 12 3.67 2.53 0.00% 70.17
110080xx9903xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-3あり - - - - -
11013xxx97xxxx 下部尿路疾患 その他の手術あり - - - - -
110080xx99000x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし - - - - -
泌尿器科では、膀胱がんに対する手術目的の入院が最も多いです。
経尿道的手術とは、開腹せずに尿道から手術用内視鏡挿入し、膀胱がんの切除を行うため、開腹手術より身体的負担は軽減されます。
前立腺の悪性腫瘍の入院では、前立腺生検目的の入院もあり、結果は外来で説明されます。

■眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 45 4.24 2.84 0.00% 77.42
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - - - -
160250xxxx0xxx 眼損傷 手術・処置等1-なし - - - - -
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり - - - - -
020210xx99x1xx 網膜血管閉塞症 手術なし 手術・処置等2-あり - - - - -
眼科では、白内障に対する手術目的の入院が最も多いです。
白内障手術の入院期間は、3泊4日によるものが多くなっています。

■放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 25 11.20 10.42 0.00% 74.24
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり - - - - -
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2-2あり - - - - -
110080xx9902xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり - - - - -
090010xx99x2xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-2あり - - - - -
放射線科では、肝細胞がんに対する治療目的の入院が最も多いです。
肝細胞がんに対して、冠動脈化学療法塞栓術(TACE)や血管塞栓術を実施しています。
また、がんに放射線を照射して消滅させたり小さくさせたりする治療も行っています。

■救命救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 44 28.30 20.92 13.64% 87.27
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 41 15.98 12.58 7.32% 81.59
100380xxxxxxxx 体液量減少症 27 9.67 9.12 3.70% 74.30
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 23 6.00 5.10 0.00% 71.00
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 16 4.94 7.28 0.00% 52.13
救命救急科では、誤嚥性肺炎に対する治療目的の入院が最も多いです。
次いで、腎臓や尿路の感染症、体液量減少症、前庭機能障害、てんかんなどの様々な疾患の軽症から重症に至るまでの治療を行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 85 - 16 27 - - 1 7.8
大腸癌 33 29 27 38 11 49 1 6.7.8
乳癌 - - - - - - 1 7.8
肺癌 70 35 83 123 30 106 1 7.8
肝癌 - 11 - - - 31 1 7.8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
国際対がん連合(UICC)によって定められた病期分類別および再発に分けて集計しています。
集計対象期間(平成30年4月1日~平成31年3月31日)に複数回入院された患者様も入院回数分の件数を計上しています。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です。

この指標における「初発」とは、自施設において当該腫瘍の診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
また、「再発」とは、自施設・他施設を問わず初回治療完了後に、自施設にて患者を診察した場合や、治療がん寛解後に、局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
なお、不明に分類されている症例については、治療前の検査入院中に検査結果が出ていない、遠隔転移の有無の評価を当該入院中の情報だけでは病期分類ができないなどが理由として挙げられます。

当院では、がんが出来るだけ早期のうちに、内視鏡的治療や胸腔鏡下・腹腔鏡下治療などの、患者様への身体的負担が少ない治療を行っています。
手術・化学療法(抗がん剤治療)・放射線治療などを組み合わせて早期がんや進行がん、再発・転移がんの状態に合わせた幅広い治療を実施しています。 
また積極的な治療だけでなく、緩和ケアによる患者様の苦痛を和らげる治療も行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等
ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 20.79 59.50
中等症 83 22.36 81.77
重症 22 26.77 84.45
超重症 - - -
不明
成人の市中肺炎につき、重症度別に患者数、平均日数、平均年齢を集計しています。
市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症する急性炎症です。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です。

定義は以下の通りです。
・入院の契機となった傷病名および医療資源を最も投入した傷病名に対するICD10コードがJ13~J18$に限定する。
・重症度分類は、A-DROPスコアを用いて、軽症~超重症の4段階で表記する。各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類する。

A-DROPスコア
Age(年齢) 男性70歳以上、女性75歳以上
Dehydration(脱水) BUN 21mg/dL以上または脱水あり
Respiration(呼吸) SpO2<=90%(PaO2 60 Torr以下)
Orientaition(意識障害) 意識障害あり
Pressure(収縮期血圧) 収縮期血圧90mmHg以下
5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点となる

上記のA-DROPスコアの該当数により、以下の重症度に分類されます。

軽症 0点の場合
中等症 1~2点の場合
重症 3点の場合
超重症 4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも、超重症とする

一番多いのは、重症度が1~2点の中等症が全体の7割近くを占めています。
軽症の患者様も、38℃以上の高熱が数日続く場合など、容態によっては入院となることがあります。
軽症は比較的若い患者様が多く、中等症以上になると高齢の患者様が多くなり、入院日数も長期化しています。

脳梗塞の患者数等
ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 339 21.16 77.03 24.31%
その他 23 26.61 80.43 1.38%
国際疾病統計分類(ICD-10コード)に基づいて脳梗塞について集計しています。

平均在院日数:病院に入院していた日数の平均値
転院率:当院から他の病院に移動して継続入院(転院)した患者数の割合
を集計しています。

当院で脳梗塞で入院される患者様は、発症から3日以内の方が多く、平均年齢は76歳と高齢の方に多いです。
脳梗塞は起こってから時間があまりたっていない時(早期)に治療することが最も効率的です。
特にt-PA治療(t-PAによる経静脈血栓溶解療法)は起こって4.5時間以内、カテーテル(細い管)を使用して詰まった血栓を除去する血管内治療は8時間以内の患者様が対象となります。
治療後はリハビリの継続のため、当院からリハビリ病院等へ転院される場合もあります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

■消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 126 0.33 1.10 0.00% 66.33
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 57 2.65 7.93 0.00% 73.89
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 31 2.71 7.13 0.00% 69.58
K688 内視鏡的胆道ステント留置術(ERBD) 25 1.80 20.64 8.00% 75.84
K533 食道・胃静脈瘤硬化療法(内視鏡) 16 1.63 13.13 0.00% 59.06
消化器科では、内視鏡治療を中心とした手術を多く行っています。
大腸ポリープや大腸腺腫に対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が多く、2泊3日での入院が大半を占めています。
次いで早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD)、早期悪性腫瘍大腸粘膜剥離術といった、粘膜下層にとどまる早期胃がん、大腸がんに対して行われる手術が多くなっています。

■循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 34 4.68 4.53 0.00% 70.56
K5491 冠動脈ステント留置術(急性) 33 0.36 18.52 6.06% 65.58
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 - - - - -
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの - - - - -
循環器科では、経皮的冠動脈ステント留置術が最も多く行われています。
この治療は、急性心筋梗塞・不安定狭心症・その他のもの(致死性不整脈など)に対して行われ、冠動脈の血管の開通性を保持し、再閉塞や再狭窄のリスクを低減させるために行われます。

■外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 66 5.64 8.47 1.52% 66.45
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 51 2.24 5.35 0.00% 70.55
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 33 8.42 22.79 0.00% 75.36
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 21 0.86 1.33 0.00% 75.36
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 20 5.10 21.70 0.00% 71.20
外科では、胆のう結石症や胆のう炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術を最も多く行っています。
ヘルニアに対する手術は、当院では腹腔鏡下に行われる手術と開腹下に行われる手術があり、開腹下での手術よりも腹腔鏡下で行われた手術のほうが入院期間が短くなっています。
腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術は、結腸(盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸)に対して腹腔鏡下に行われる手術であり、開腹下に行われる手術より侵襲が低く退院も早くなることが多いです。

■整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 73 3.75 33.99 20.55% 77.95
K0811 人工骨頭挿入術(股) 35 4.20 44.91 22.86% 85.46
K0462 骨折観血的手術(前腕) 28 2.25 11.32 0.00% 58.50
K0731 関節内骨折観血的手術(股) 19 4.05 40.89 15.79% 76.26
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 16 0.94 2.63 0.00% 58.88
整形外科では、骨折観血的手術を最も多く行っています。
骨折観血的手術とは、大腿骨や上腕などを骨折した場合に行う手術で、転倒したときに受傷されることが多いです。
股関節の骨折をされた時に、股関節の大腿骨頭が壊れ、骨頭を保存しての治療が難しいとき、金属の(柄つき)骨頭を入れ替え、関節機能を取り戻す手術が人工骨頭挿入術です。
いずれも高齢の患者様に多いため、早期のリハビリテーションを実施し、早期退院・社会生活復帰を目指しています。

■脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 57 1.19 11.56 5.26% 78.09
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 33 0.94 27.79 30.30% 64.79
K1781 コイル塞栓術(動脈瘤) 20 1.85 22.75 45.00% 77.65
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 19 8.00 23.47 5.26% 62.00
K609-2 頚動脈ステント留置術(CAS) /右 15 4.33 6.73 0.00% 73.87
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術を最も多く行っています。
外傷などにより、硬膜下へ血が溜まってしまったときに、血を抜き硬膜下内を洗浄する手術であり、大半が入院初日に手術を施行し、経過観察の後に退院することが多いです。
経皮的頸動脈ステント留置術とは、動脈硬化などで血管が狭くなり血流が悪くなった血管を拡げる手術であり、当院では高齢の方が多く、20日前後で退院されています。
脳動脈瘤は何かのきっかけで破裂することがあります。脳動脈瘤頚部クリッピング術は脳動脈瘤に対して行われる一般的な手術です。

■胸部・心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 48 3.02 21.50 0.00% 72.88
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 14 3.21 17.86 0.00% 73.21
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 14 7.69 13.46 0.00% 34.85
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) - - - - -
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 - - - - -
心臓血管外科では、肺がんに対する腹腔鏡下肺悪性腫瘍手術を最も多く行っています。
肺は5つに分かれており、右肺は上葉・中葉・下葉、左肺は上葉・下葉となり切除範囲によって手術の手技が変わります。
次いで乳腺悪性腫瘍手術が多く、乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除(腋窩部郭清を伴わないもの)は乳房の温存が可能なものが対象となる手術法です。
胸腔鏡下肺切除術とは、自然気胸や肺の腫瘍に対して行われる手術で平均年齢は比較的若くなっています。

■泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 12 1.00 5.75 0.00% 78.08
K800-2 経尿道的電気凝固術 - - - - -
K805 膀胱瘻造設術 - - - - -
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの - - - - -
泌尿器科では、膀胱癌に対する膀胱悪性腫瘍手術を最も多く行っています。
膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術は、浸潤の低い膀胱がんに対して内視鏡を尿道から挿入し、がんを切除する手術であり多く行われています。

■眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 58 0.14 3.14 0.00% 77.38
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -
眼科では、白内障に対する水晶体再建術を最も多く行っています。
水晶体再建術とは、白内障により水晶体が濁って視力が低下した場合、水晶体を砕き吸引して、眼内レンズを挿入する手術です。

■放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 27 1.81 8.07 0.00% 72.44
K6151 血管塞栓術(胸腔)(止血術) - - - - -
放射線科では、肝細胞がんに対する血管塞栓術を最も多く行っています。
がんの栄養となる肝動脈等にカテーテルを挿入し、抗がん剤と塞栓物質を投与して血流を遮断し、がん細胞の増殖を抑える目的とした治療です。

■救命救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 11 1.91 8.55 9.09% 71.82
K386 気管切開術 10 8.80 52.60 30.00% 65.70
K6181 中心静脈注射設置 - - - - -
K664 内視鏡的胃瘻造設術(PEG造設) - - - - -
K0134 分層植皮術(200cm2以上) - - - - -
救命救急科では、内視鏡的消化管止血術を最も多く行っています。
出血部位に対してクリッピング、薬剤注入、静脈結紮などの方法を用いた内視鏡的止血術を急性の患者の状態に応じて実施しています。
気管切開術は気道確保の外科的手段です。チューブもしくはカニューレを挿入して気道を確保します。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 18 0.34
180010 敗血症 同一 28 0.53
異なる 14 0.27
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術処置等の合併症の症例数と発症率について集計しています。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です。

入院契機について
同一とは、入院のきっかけとなった病気の診療目的で入院し、入院のきっかけとなった病気の治療を最も行った場合を言い、異なるとは、入院のきっかけとなった病気の診療目的で入院したが、入院のきっかけとなった病気とは別の病気(併存症・続発症)の治療を最も行った場合を示しています。

播種性血管内凝固症候群とは、小さな血栓が全身の血管のいたるところにでき、小さな血管を詰まらせる全身性の重篤な病気です。
当院では、播種性血管内症候群の患者様は入院契機が「異なる」症例が多く、他の疾患で入院中に発症するケースが多いです。

敗血症とは、生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が多量に入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症状です。
当院では、敗血症の患者様は入院契機が「同一」症例が多いため、敗血症を発症後に入院するケースが多いです。

手術・処置等の合併症とは、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行していますが、
一定の割合で手術創や腹腔内に感染が起こってしまう術後感染症、胃や大腸の内視鏡的治療後の消化管出血などがあります。
更新履歴

平成29年度 南和歌山医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 380 91 72 99 224 396 968 1421 1369 445
平成29年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日)に退院された患者様の数を年代別で集計しています。
年齢は、入院された時点での年齢で計算しています。
当院では70歳代の患者様が最も多く、また60歳以上の患者様が75%以上を占めています。
0~9歳の患者様は、食物アレルギー検査のための日帰り入院が大多数を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード
■内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 41 21.83 12.34 4.88 79.71
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 38 34.16 20.83 13.16 82.89
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 22 16.09 7.87 0.00 70.23
130090xx97x0xx 貧血(その他) 手術あり 手術・処置等2-なし 19 8.42 10.89 0.00 84.84
060350xx99x00x 急性膵炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 15 28.40 11.50 6.67 59.53
内科では、腎臓や尿路の感染症に対する治療目的の入院が最も多いです。
次いで、誤嚥性肺炎が多く、平均年齢も82歳と高齢の方に多く、重症化や再発を繰り返している場合も多いです。
そのほかにも大腸や小腸の憩室炎、貧血など、さまざまな疾患に対して保存的加療を行っています。

■外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100330xxxxx0xx 栄養障害(その他) 手術・処置等2-なし 32 4.09 17.51 12.50 74.06
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 30 9.87 6.64 0.00 65.33
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 24 25.21 15.61 0.00 71.96
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 19 6.63 5.56 0.00 43.05
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 17 8.76 8.98 17.65 69.94
外科では、胃瘻造設した患者様の胃瘻交換目的の入院が最も多いです。
胆のう結石症や胆のう炎に対しては、腹腔鏡下による手術を行っています。
腹腔鏡下によって手術を行うので、傷も小さく身体的負担も少なく、開腹による痛みの軽減、早期回復を見込めます。

■整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 112 41.33 27.09 25.00 84.30
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 53 29.53 19.94 20.75 77.81
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 14 12.79 5.16 0.00 34.36
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 14 24.36 15.22 21.43 81.71
160870xx99x00x 頸椎頸髄損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 13 39.31 13.50 30.77 73.15
整形外科では、股関節大腿近位骨折による手術目的の入院が最も多いです。
平均年齢も84歳と高いことから、高齢に伴った日常生活での転倒による外傷などによるものが多いと考えられます。
また高齢の方には、胸椎や腰椎の圧迫骨折も多く見られてます。
長期の入院期間中には、手術後からのリハビリ期間も含まれており、早期の日常生活への復帰に向けて支援を行っています。

■脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 111 18.14 16.38 19.82 72.41
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 54 24.20 19.10 46.30 69.22
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 43 11.63 11.75 13.95 78.33
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 43 11.56 7.34 11.63 71.07
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 37 2.70 3.25 0.00 73.43
脳神経外科では、脳梗塞に対する治療目的の入院が最も多いです。
脳梗塞に対して、脳神経を保護する働きをもつ注射薬を注入することで脳梗塞による症状の増悪を防ぐことができます。
非外傷性的に発症した頭蓋内血腫に対しては、薬物などによる保存的に加療を行っています。

■胸部・心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2-なし 58 25.98 12.35 0.00 70.29
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 21 2.10 3.59 0.00 74.29
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2-なし 16 7.13 6.37 0.00 64.13
040040xx97x4xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2-4あり 15 21.53 24.98 0.00 66.13
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 15 17.40 9.14 0.00 53.07
胸部・心臓血管外科では、肺がんに対する手術目的の入院が最も多いです。
手術として、胸腔鏡下による肺葉切除(がんの出来た肺葉ごと切除する方法)が最も多いです。
また乳がんに対しては、乳房部分切除が多く、早期発見によって乳房を全摘出することなく、一部を切除することで乳房を部分的に温存することができます。

■放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2-なし 16 13.25 11.44 0.00 73.19
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり
090010xx99x2xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-2あり
110080xx9902xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし
放射線科では、肝細胞がんに対する治療目的の入院が最も多いです。
肝細胞がんに対して、冠動脈化学療法塞栓術(TACE)や血管塞栓術を実施しています。
またがんに放射線を当てて、がん細胞を破壊し、がんを消滅させたり小さくしたりする照射による治療も行っています。

■泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 15 8.73 7.31 0.00 76.40
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 12 5.75 14.81 0.00 65.92
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術
110080xx97x00x 前立腺の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし
110080xx9905xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-5あり
泌尿器科では、膀胱がんに対する手術目的の入院が最も多いです。
経尿道的手術とは、開腹せずに尿道から手術用内視鏡挿入し、膀胱がんの切除を行うため、開腹手術より身体的負担は軽減されます。

■救命救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 44 20.68 20.83 13.64 86.18
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2-なし 副傷病なし 23 3.48 3.58 4.35 51.96
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 23 16.83 12.34 13.04 79.70
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2-なし 21 25.67 19.01 4.76 83.29
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 17 3.35 5.15 0.00 76.71
救命救急科では、誤嚥性肺炎に対する治療目的の入院が最も多いです。
ついで、薬物中毒や腎臓や尿路の感染症、敗血症、前庭機能障害などの様々な疾患の軽症から重症に至るまでの治療を行っています。 
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 75 18 22 5 12 1 7
大腸癌 43 20 19 18 17 55 1 7
乳癌 15 1 7
肺癌 78 35 81 101 25 80 1 7
肝癌 12 10 3 34 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
国際対がん連合(UICC)によって定められた病期分類別および再発に分けて集計しています。
集計対象期間(平成29年4月1日~平成30年3月31日)に複数回入院された患者様も入院回数分の件数を計上しています。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です。
この指標における「初発」とは、自施設において当該腫瘍の診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
また、「再発」とは、自施設・他施設を問わず初回治療完了後に、自施設にて患者を診察した場合や、治療がん寛解後に
退院後にする方針であったり、局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
なお、不明に分類されている症例については、治療前の検査入院中に検査結果が出ていない、遠隔転移の有無の評価を
当該入院中の情報だけでは病期分類ができないなどが理由として挙げられます。
当院ではがんが出来るだけ早期のうちに内視鏡的治療や胸腔鏡下・腹腔鏡下治療で患者様への身体的負担が少ない治療を行っています。
手術・化学療法(抗がん剤治療)・放射線治療などを組み合わせて早期がんや進行がん、再発・転移がんの状態に合わせた幅広い治療を実施しています。
また積極的な治療だけでなく、緩和ケアによる患者様の苦痛を和らげる治療も行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 18.71 53.41
中等症 96 20.19 80.70
重症 15 26.27 86.80
超重症 12 28.67 78.58
不明
成人の市中肺炎につき、重症度別に患者数、平均日数、平均年齢を集計しています。
市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症する急性炎症です。
定義は以下の通りです。
・入院の契機となった傷病名および医療資源を最も投入した傷病名に対するICD10コードがJ13~J18$に限定する。
・重症度分類は、A-DROPスコアを用いて、軽症~超重症の4段階で表記する。各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類する。
A-DROPスコア
Age(年齢) 男性70歳以上、女性75歳以上
Dehydration(脱水) BUN 21mg/dL以上または脱水あり
Respiration(呼吸) SpO2<=90%(PaO2 60 Torr以下)
Orientaition(意識障害) 意識障害あり
Pressure(収縮期血圧) 収縮期血圧90mmHg以下
5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点となる
上記のA-DROPスコアの該当数により、以下の重症度に分類されます。
重症度分類
軽症 0点の場合
中等症 1~2点の場合
重症     3点の場合
超重症 4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも、超重症とする
一番多いのは、重症度が1~2点の中等症が全体の7割近くを占めています。
軽症で入院された患者様は、38℃以上の高熱が数日続くといった症状があるなど、患者様の容態によって入院となることがあります。
軽症は比較的若い患者様が多く、中等症以上になると高齢の患者様が多くなり、入院日数も長期化しています。

脳梗塞の患者数等
ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 380 26.19 76.88 24.43
その他 62 25.94 75.44 3.17
国際疾病統計分類(ICD-10コード)に基づいて脳梗塞について集計しています。
平均在院日数:病院に入院していた日数の平均値
転院率:当院から他の病院に移動して継続入院(転院)した患者数の割合     を集計しています。
当院で脳梗塞で入院される患者様は、発症から3日以内に多く、年齢では平均76歳と高齢の患者様に多いです。
脳梗塞の最も効率的な治療は脳梗塞が起こってから時間があまりたっていない時(早期)に治療の対象となります。
特にt-PA治療(t-PAによる経静脈血栓溶解療法)は起こって4,5時間以内、カテーテル(細い管)を使用して詰まった血栓を除去する血管内治療は
8時間以内の患者様が対象となります。
治療後はリハビリ継続目的のため、リハビリ病院等へ転院される場合もあります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード
■内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2㎝未満 23 1.48 3.30 0.00 61.78
K654 内視鏡的消化管止血術 10 5.40 23.40 10.00 71.50
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2㎝以上
K722 小腸結腸内視鏡的止血術
内科では、大腸ポリープや大腸腺腫に対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術を最も多く行っています。
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は2泊3日での入院が大半を占めています。
内視鏡的消化管止血術とは食道、胃、十二指腸等からの出血に対し、内視鏡で胃などを観察した時にクリップなどで止血を行います。

■外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 61 6.72 7.10 3.28 65.10
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 33 3.27 6.27 3.03 70.94
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 31 5.35 23.23 0.00 73.23
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2㎝未満 23 0.30 1.00 0.00 62.30
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 22 3.95 9.23 0.00 66.45
外科では、胆のう結石症や胆のう炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術を最も多く行っています。
ヘルニアに対する手術は、当院では腹腔鏡下に行われる手術と開腹下に行われる手術があり、開腹下での手術よりも腹腔鏡下で行われた手術のほうが入院期間が短くなっています。
腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術は、結腸(盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸)に対して腹腔鏡下に行われる手術です。
開腹下に行われる手術より侵襲が低く退院も早くなることが多いです。

■整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 86 2.38 33.76 22.09 81.01
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 48 2.88 43.65 25.00 82.33
K0732 関節内骨折観血的手術 胸鎖、手、足 17 4.00 27.35 0.00 56.35
K0731 関節内骨折観血的手術 肩、股、膝、肘 14 6.36 40.07 7.14 70.86
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 10 5.00 40.50 0.00 66.20
整形外科では、骨折観血的手術を最も多く行っています。
骨折観血的手術とは、大腿骨や上腕などを骨折した場合に行う手術で、転倒したときに受傷されることが多いです。
股関節の骨折をされた時に、股関節の大腿骨頭が壊れ、骨頭を保存しての治療が難しいとき、金属の(柄つき)骨頭を入れ替え、関節機能を取り戻す手術が人工骨頭挿入術です。
いずれも高齢の患者様に多いため、早期のリハビリテーション実施で、早期退院・社会生活復帰を目指しています。

■脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 67 1.46 11.18 10.45 79.85
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 23 14.30 17.52 17.39 76.65
K1771 脳動脈瘤頸部部クリッピング 1箇所 18 0.67 41.39 33.33 68.61
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 13 10.23 39.15 7.69 64.62
K1742 水頭症手術 シャント手術 11 12.09 19.45 27.27 78.00
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術を最も多く行っています。
外傷などにより、硬膜下へ血が溜まってしまったときに、血を抜き硬膜下内を洗浄する手術であり、大半が入院初日に手術を施行し、経過観察ののちに退院することが多いです。
経皮的頸動脈ステント留置術とは、動脈硬化などで血管が狭くなり血流が悪くなった血管を拡げる手術であり、当院では高齢の方が多く、20日前後で退院されています。
脳動脈瘤は何かのきっかけで破裂することがあります。脳動脈瘤頚部クリッピング術は脳動脈瘤に対して行われる一般的な手術です。

■胸部・心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 腹腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 44 3.34 22.30 0.00 69.20
K514-21 腹腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 23 3.04 19.43 0.00 70.43
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 16 1.00 5.13 0.00 64.13
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 10 5.60 13.00 0.00 38.20
K4741 乳腺腫瘍摘出術 長径5㎝未満
心臓血管外科では、肺がんに対する腹腔鏡下肺悪性腫瘍手術を最も多く行っています。
肺は5つに分かれており、右肺は上葉・中葉・下葉、左肺は上葉・下葉となり切除範囲によって手術の手技が変わります。
次いで乳腺悪性腫瘍手術が多く、乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除(腋窩部郭清を伴わないもの)は乳房の温存が可能なものが対象となる手術法です。
胸腔鏡下肺切除術とは、自然気胸や肺の腫瘍に対して行われる手術で平均年齢は比較的若くなっています。

■眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 72 0.01 3.19 2.78 75.32
眼科では、白内障に対する水晶体再建術を最も多く行っています。
水晶体再建術とは、白内障により水晶体が濁って視力が低下した場合、水晶体を砕き吸引して、眼内レンズを挿入する手術を行っています。

■放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術 選択的動脈化学塞栓術 16 2.00 10.25 0.00 73.19
K4691 頸部郭清術 片側
K6153 血管塞栓術 その他のもの
放射線科では、肝細胞がんに対する血管塞栓術を最も多く行っています。
がんの栄養となる肝動脈等にカテーテルを挿入し、抗がん剤と塞栓物質を投与して血流を遮断し、がん細胞の増殖を抑える目的とした治療です。
■泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 15 1.07 6.67 0.00 76.40
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 10 1.80 7.80 0.00 74.30
K830 精巣摘出術
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術
K797 膀胱内凝血除去術
泌尿器科では、膀胱癌に対する膀胱悪性腫瘍手術を最も多く行っています。
膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術は、浸潤の低い膀胱がんに対して内視鏡を尿道から挿入し、がんを切除する手術であり多く行われています。
経尿道的前立腺手術は、尿道の閉塞原因となる肥大した前立腺を削るなど、前立腺肥大症や良性の前立腺腫瘍の治療に用いられる手術法です。

■消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2㎝未満 86 0.64 1.21 0.00 65.44
K6532 内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 54 2.69 8.76 0.00 71.81
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 19 2.42 8.95 0.00 70.95
K654 内視鏡的消化管止血術 14 0.29 12.43 0.00 70.07
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 12 4.83 13.17 0.00 78.75
消化器科では、内視鏡治療を中心とした手術を多く行っています。
大腸ポリープや大腸腺腫に対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が多く、2泊3日での入院が大半を占めています。
次いで早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD)、早期悪性腫瘍大腸粘膜剥離術といった、粘膜下層にとどまる早期胃がん、大腸がんに対して行われる手術が多くなっています。

■循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 30 5.73 6.60 0.00 74.73
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 18 0.00 18.78 0.00 72.67
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 11 2.45 6.64 0.00 73.82
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 10 6.40 14.60 0.00 75.40
K5461 経皮的冠動脈形成術 急性心筋梗塞に対するもの
循環器科では、経皮的冠動脈ステント留置術が最も多く行われています。
急性心筋梗塞・不安定狭心症・その他のもの(致死性不整脈など)に対して行われる、ステントを使用し冠動脈の血管の開通性を保持し再閉塞や再狭窄のリスクを低減させるための治療法です。
ペースメーカー移植術は徐脈性不整脈や完全房室ブロックなどの疾患に対して行われる手術法です。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 27 0.49
180010 敗血症 同一 27 0.49
異なる 11 0.20
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術処置等の合併症の症例数と発症率について集計しています。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です。
入院契機について
同一とは、入院のきっかけとなった病気の診療目的で入院し、入院のきっかけとなった病気の治療を最も行った場合をいい、
異なるとは、入院のきっかけとなった病気の診療目的で入院したが、入院のきっかけとなった病気とは別の病気(併存症・続発症)の治療を最も行った場合を示しています。
播種性血管内凝固症候群とは、小さな血栓が全身の血管のいたるところにでき、小さな血管を詰まらせる全身性の重篤な病気です。
当院では、播種性血管内症候群の患者様は入院契機が「異なる」症例が多く、他の疾患で入院中に発症するケースが多いです。
敗血症とは、生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が多量に入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症状です。
当院では、敗血症の患者様は入院契機が「同一」症例が多いため、敗血症を発症後に入院するケースが多いです。
手術・処置等の合併症とは、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行していますが、
一定の割合で手術創や腹腔内に感染が起こってしまう術後感染症、胃や大腸の内視鏡的治療後の消化管出血などがあります。
更新履歴

平成28年度 南和歌山医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 462 89 77 115 225 424 1074 1404 1494 436

平成28年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日)に退院された患者様の数を年代別で集計しています。
年齢は、入院された時の年齢で計算しています。
当院では60歳以上の患者様が75%以上を占めています。
0~9歳の患者様は、食物アレルギー検査のための日帰り入院が大多数を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
■内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 52 28.33 21.25 9.62% 86.27
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし 26 25.27 12.43 11.54% 79.08
060350xx99x00x 急性膵炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 20 22.90 11.84 0.00% 59.95
0400801499x001 肺炎等(15歳未満または市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし A-DROPスコア1 20 20.80 13.60 5.00% 86.10
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 20 8.05 7.44 5.00% 63.75

内科では、誤嚥性肺炎に対する治療目的の入院が最も多いです。
平均年齢も86歳と高齢の方に多く、重症化や再発を繰り返している場合も多いです。
そのほかにも腎臓や尿路の感染症、急性膵炎など、全身の疾患に対して保存的な加療を行っています。
■外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100330xxxxx0xx 栄養障害(その他) 手術・処置等2なし 48 6.65 17.84 12.50% 73.92
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 34 9.76 6.82 0.00% 64.12
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 22 19.77 7.61 0.00% 63.18
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 20 18.65 15.92 5.00% 68.90
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病名なし 19 5.21 4.48 0.00% 68.16

外科では、胃瘻(いろう)造設、胃瘻交換目的の入院が最も多いです。
胃瘻とは必要な栄養が口からうまく取れない方に対して、胃に栄養を送るための小さな穴を開け、その穴にカテーテルを通して栄養を送ります。
カテーテルは定期的に交換する必要があり、施設や療養型の病院からの紹介も受け入れています。
胆のう結石症や胆のう炎に対しては、腹腔鏡下による手術を行っています。
腹腔鏡下によって手術を行いますので、傷も小さく身体的負担も少ないので開腹による痛みの軽減、早期回復を見込めます。

■整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 106 36.68 27.63 20.75% 83.21
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病名なし 31 28.58 20.57 19.35% 75.23
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病名なし 22 9.14 5.49 0.00% 58.41
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 15 42.47 23.61 20.00% 81.73
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 骨折観血的手術等 13 56.85 28.19 0.00% 67.85

整形外科では、股関節大腿近位骨折による手術目的の入院が最も多いです。
平均年齢も83歳と高いことから、高齢に伴う転倒による外傷などが多いと考えられます。
長期の入院期間中には、手術後からのリハビリ期間も含まれており、早期の日常生活への復帰に向けて支援を行っています。
また高齢の方には、胸椎や腰椎の圧迫骨折も多く見られており、手術をせず、骨折した部位を固定する保存的な加療を行っています。

■脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病名なし 発症前Ranking Scale0、1又は2 155 18.46 16.54 23.23% 75.14
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 61 22.75 19.35 42.62% 69.66
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 46 2.54 3.25 0.00% 74.98
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病名1あり発症前Ranking Scale0、1又は2 46 20.30 18.76 23.91% 74.93
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 43 9.60 7.52 9.30% 69.16

脳神経外科では、脳梗塞に対する治療目的の入院が最も多いです。
脳梗塞に対して、脳神経を保護する働きをもつ注射薬を注入することで脳梗塞による症状の増悪を防ぐことができます。
非外傷性的に発症した頭蓋内血腫に対しては、薬物などによる保存的な加療を行っています。

■胸部・心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等1なし 56 23.05 12.73 0.00% 72.02
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 25 2.00 3.68 0.00% 72.84
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 16 9.69 6.59 0.00% 57.88
040040xx97x4xx 肺の悪性腫瘍 その他手術 手術・処置等2 4あり 13 25.00 25.62 0.00% 66.00
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 12 13.67 10.30 0.00% 64.83

胸部・心臓血管外科では、肺がんに対する手術目的の入院が最も多いです。
手術として、胸腔鏡下による肺葉切除(がんの出来た肺葉ごと切除する方法)が最も多いです。
また乳がんに対しては、乳房部分切除が多く、早期発見によって乳房を全摘出することなく、一部を切除することで乳房を部分的に温存することができます。

■放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 24 12.46 11.74 0.00% 78.17
110080xx9902xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 2あり - - - - -
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 3あり  定義副傷病名なし - - - - -
060050xx99x20x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病名なし - - - - -
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 2あり - - - - -

放射線科では、肝細胞がんに対する治療目的の入院が最も多いです。
肝細胞がんに対して、冠動脈化学療法塞栓術(TACE)や血管塞栓術を実施しています。
またがんに放射線を当てて、がん細胞を破壊し、がんを消滅させたり小さくしたりする照射による治療も行っています。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です

■泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術  手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 12 8.58 7.44 0.00% 77.42
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病名なし - - - - -
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 - - - - -
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病名なし - - - - -
110080xx99000x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし - - - - -

泌尿器科では、膀胱がんに対する内視鏡的手術目的の入院が最も多いです。
経尿道的手術とは、開腹せずに尿道から手術用の内視鏡を挿入し、膀胱がんの切除を行うため、開腹手術より身体的負担は軽減されます。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です

■救命救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 39 22.23 21.25 15.38% 85.69
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 21 4.71 5.24 0.00% 71.43
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群 手術・処置等2 4あり 19 24.53 29.86 21.05% 75.89
180010x0xxx0xx 敗血症 1歳以上 手術・処置等2なし 19 20.47 19.24 5.26% 83.11
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし 17 14.65 12.43 5.88% 83.24

救命救急科では、誤嚥性肺炎に対する治療目的の入院が最も多いです。
ついで、めまい症やメニエール病になどの前提機能障害による安静を保つための入院が多いです。
播種性血管内凝固症候群(DIC)に対しては、出血症状や臓器障害を改善させる目的で血液凝固阻止剤を使用した入院が多いです。

■呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病名なし 87 13.32 12.35 0.00% 71.28
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 57 3.49 3.68 0.00% 70.44
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 44 19.75 14.83 2.27% 72.52
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 21 46.24 19.92 4.76% 69.62
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 8あり 20 14.15 12.01 0.00% 70.95

呼吸器科では、肺がんの化学療法目的の入院が最も多いです。
ついで、肺がんの診断のための肺生検目的の入院、肺がんの経過観察入院となり、肺がんに関する入院の割合が高いです。
肺がんは現在、がんによる死因の男性1位、女性2位であり、早期発見が重要です。

■消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 39 12.05 9.02 0.00% 70.64
060360xx99x0xx 慢性膵炎(膵嚢胞を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 13 2.31 9.12 0.00% 64.38
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 12 21.17 14.28 0.00% 58.75
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍 内視鏡的食道粘膜切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし - - - - -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし - - - - -

消化器科では、胃がんに対する内視鏡的治療目的の入院が最も多いです。
上部消化管内視鏡を用いて悪性腫瘍を切除する、早期悪性腫瘍粘膜剥離術(ESD)を行っています。
また肝硬変の影響によって発生した食道静脈瘤に対する食道・胃静脈瘤硬化療法や内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術なども行っています。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です

■循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 65 26.69 17.95 9.23% 83.77
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 3あり 定義副傷病名なし 45 5.56 5.94 2.22% 67.20
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 16 18.75 13.02 6.25% 72.25
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病名なし 15 27.20 25.02 13.33% 80.73
050050xx02030x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病名なし 13 9.00 10.29 0.00% 74.92

循環器科では、心不全に対する治療目的の入院が最も多いです。
心不全は高齢の患者様が多く、薬物療法にて治療を実施しています。
また、心筋梗塞や狭心症の患者様に対して、心臓カテーテルやラジオアイソトープなどを用いた撮影を実施し、治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 53 - 17 23 11 13 1 7
大腸癌 37 10 26 10 47 18 1 7
乳癌 24 - - - - - 1 7
肺癌 80 37 62 122 32 28 1 7
肝癌 - - - - - 38 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
集計対象期間(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に複数回入院された患者様も入院回数分の件数を計上しています。
この指標における「初発」とは、自施設において当該腫瘍の診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
また、「再発」とは、自施設・他施設を問わず初回治療完了後に、自施設にて患者を診察した場合や、治療がん寛解後に
退院後にする方針であったり、局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
なお、不明に分類されている症例については、治療前の検査入院中に検査結果が出ていない、遠隔転移の有無の評価を
当該入院中の情報だけでは病期分類ができないなどが理由として挙げられます。
当院ではがんが出来るだけ早期のうちに内視鏡的治療や胸腔鏡下・腹腔鏡下治療で患者様への身体的負担が少ない治療を
行っています。手術・化学療法(抗がん剤治療)・放射線治療などを組み合わせて早期がんや進行がん、再発・転移がんの
状態に合わせた幅広い治療を実施しています。
また積極的な治療だけでなく、緩和ケアによる患者様の苦痛を和らげる治療も行っています。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 24 15.92 59.92
中等症 85 23.11 81.84
重症 11 18.27 87.64
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症する急性炎症です。
集計対象及び重症度分類については以下の通りです。
・入院の契機となった傷病名および医療資源を最も投入した傷病名に対するICD10コードがJ13~J18$で始まる者に限定する。
・重症度分類は、A-DROPスコアを用いて、軽症~超重症の4段階で表記する。各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類する。
A-DROPスコア
Age(年齢) 男性70歳以上、女性75歳以上
Dehydration(脱水) BUN 21mg/dL以上または脱水あり
Respiration(呼吸) SpO2<=90%(PaO2 60 Torr以下)
Orientaition(意識障害) 意識障害あり
Pressure(収縮期血圧) 収縮期血圧90mmHg以下
5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点となる。
上記のA-DROPスコアの該当数により、以下の重症度に分類されます。
重症度分類
軽症 0点の場合
中等症 1~2点の場合
重症 3点の場合
超重症 4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも、超重症とする。
重症度が高くなるほど、平均年齢も高くなっています。
一番多いのは、重症度が1~2点の中等症が全体の7割近くを占めています。
軽症で入院された患者様は、38℃以上の高熱が数日続くといった症状があるなど、患者様の容態によって入院となることがあります。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 27 4.78 75.67 0%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 436 23.95 76.59 24.89%
その他 34 18.44 74.59 1.91%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 10 9.40 79.10 0%
その他 90 6.38 73.94 1.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

国際疾病統計分類(ICD-10コード)に基づいて脳梗塞等の分類にあたる患者数を集計しています。
各傷病名別に、
平均在院日数:病院に入院していた日数の平均値
転院率:当院から他の病院に移動して継続入院(転院)した患者数の割合
を集計しています。
当院の脳神経外科では、脳梗塞を発症し救急車で搬送された患者様の集中的な治療を行っています。
脳梗塞の最も効率的な治療は脳梗塞が起こってから時間があまりたっていない時(早期)に治療の対象となります。
特にt-PA治療(t-PAによる経静脈血栓溶解療法)は起こって4,5時間以内、
カテーテル(細い管)を使用して詰まった血栓を除去する血管内治療は8時間以内の患者様が対象となります。
この限られた時間内に各科が連携をとり、治療に当たっています。
※数が表示されていないものは10未満の場合です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
■内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 27 1.22 1.26 0.00% 66.15
K654 内視鏡的消化管止血術 15 14.27 17.53 0.00% 72.73
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術 - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -

内科では、大腸ポリープや大腸腺腫に対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が多く、2泊3日での入院が大半を占めています。
内視鏡的消化管止血術とは食道、胃、十二指腸等からの出血に対し、内視鏡で胃などを観察した時にクリップなどで止血します。
胆石や腫瘍などにより胆汁の流れ道が閉塞すると深刻な病態へ移行する場合があるため、内視鏡的経鼻胆管ドレナージを行います。
内視鏡的胆道ステント留置術は胆管等が狭窄した場合に行われる手術です。
内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術は食道静脈瘤の対する手術で侵襲の少ない手術です。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です。

■外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 67 8.46 8.94 1.49% 64.94
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 38 1.61 6.21 0.00% 68.05
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 23 0.00 6.61 0.00% 70.09
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 21 0.48 1.00 0.00% 69.29
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 18 5.28 14.67 5.56% 71.50

外科では腹腔鏡下胆嚢摘出術が多く、胆のう結石症や胆のう炎に対して行われます。
ヘルニアは自然に戻ることがないため、根治のためには手術が必要となります。当院では、開腹手術と腹腔鏡下による手術があり、患者様の状態に合わせて手術法を決めています。
大腸ポリープや大腸腺腫に対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が多く、2泊3日での入院が大半を占めています。
腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術は、結腸(盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸)に対する腹腔鏡下に行われる手術です。開腹下に行われる手術より身体的負担が少なく入院期間も短くなることが多いです。

■整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 92 1.79 31.87 15.22% 79.90
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 41 2.05 34.76 24.39% 82.32
K0732 関節内骨折観血的手術 胸鎖、手、足 17 2.41 34.41 5.88% 60.71
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 14 1.50 17.43 0.00% 61.36
K0731 関節内骨折観血的手術 肩、股、膝、肘 13 4.92 48.62 15.38% 64.38

骨折観血的手術とは、大腿骨(ふとももの骨)や上腕(二の腕)などを骨折した場合に行う手術で、高齢の方が転倒したときに受傷されることが多いです。また、前腕、下腿、手舟状骨折(手首の骨)に対しても行われます。
股関節の骨折をした時に、股関節の大腿骨頭が壊れ、骨頭を保存しての治療が難しいとき、金属の骨頭を入れ替え、関節機能を取り戻す手術が人工骨頭挿入術です。リハビリを継続するため他の病院へ転院することがあります。
関節内骨折観血的手術は骨折した時に、関節の機能に障害を残しそうな骨折線がある場合に行われる手術です。

■脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 59 0.85 13.75 8.47% 78.22
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 36 5.50 12.06 8.33% 75.67
K1771 脳動脈瘤頚部クリッピング 1箇所 22 1.95 51.73 27.27% 61.77
K1742 水頭症手術 シャント手術 21 12.90 16.48 23.81% 71.48
K178-4 経皮的脳血栓回収術 16 0.06 19.94 18.75% 78.13

慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術は外傷などにより、硬膜下へ血が溜まってしまったときに、血を抜き硬膜下内を洗浄する手術であり、大半が入院初日に手術を施行します。
経皮的頸動脈ステント留置術とは、動脈硬化などで血管が狭くなり血流が悪くなった血管を拡げる手術であり、当院では高齢の方が多く、20日前後で退院されています。
脳動脈瘤は何かのきっかけで破裂することがあります。脳動脈瘤頚部クリッピング術は脳動脈瘤に対して行われる一般的な手術です。
水頭症手術とは、なんらかの原因で循環が悪くなった髄液の流れをよくする手術です。水頭症の症状には歩行障害や認知症のような症状がみられることがあり、リハビリを継続するために他の病院へ転院することがあります。
経皮的脳血栓回収術とは、t-PA治療(t-PAによる経静脈血栓溶解療法)適応外あるいは、効果のない患者様に対して脳血管から塞栓した血栓を除去する手術です。

■胸部・心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は肺葉を超えるもの 38 3.53 19.74 0.00% 68.53
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除(腋窩部郭清を伴わないもの) 16 1.06 7.63 0.00% 57.88
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 14 3.57 16.00 0.00% 74.71
K5132 胸腔鏡下肺切除術 その他のもの 14 2.93 21.14 0.00% 68.29
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 13 3.92 12.54 0.00% 45.85

胸部・心臓血管外科では、胸腔鏡下による肺がんの手術を多く行っています。肺は5つに分かれています。右肺は上葉・中葉・下葉、左肺は上葉・下葉に分かれており、切除範囲によって手術の手技が変わります。
次いで乳腺悪性腫瘍手術が多く、乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除(腋窩部郭清を伴わないもの)は乳房の温存が可能なものが対象となる手術法です。
胸腔鏡下肺切除術とは、自然気胸や肺の腫瘍に対して行われる手術で、特に気胸は背の高い痩せ型の10~20代男性に起こりやすい疾患の為、平均年齢は比較的若くなっています。

■眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合(その他のもの) 62 0.00 5.15 0.00% 76.34
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 - - - - -
白内障により水晶体が濁って視力が低下した場合、水晶体を砕き吸引して、眼内レンズを挿入します。
この手術を水晶体再建術といい、一度の入院で片眼だけでなく両眼を手術することもあるため、当院では片眼4日程度、両眼10日程度で退院となります。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です

■放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内出血等)(選択的動脈化学塞栓術) 24 1.92 9.54 0.00% 78.17
放射線科では、肝細胞がんに対する血管塞栓術が多いです。血栓塞栓術とはカテーテルを肝動脈等に留置し、がんへ栄養を運んでいる動脈を塞いでしまう手術です。

■泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 17 1.88 8.71 0.00% 77.65
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 10 2.20 6.80 0.00% 76.30
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術は、浸潤の低い膀胱がんに対して内視鏡を尿道から挿入し、がんを切除する手術です。
経尿道的前立腺手術は、尿道の閉塞原因となる肥大した前立腺を削るなど、前立腺肥大症や良性の前立腺腫瘍の治療に用いられる手術法です。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です

■救命救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 11 11.73 49.73 63.64% 77.09
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K6021 経皮的心肺補助法 初日 - - - - -
気管切開術は気道を確保するための手術です。喉頭(のど)の狭窄・閉塞をきたし呼吸困難を生じる疾患(喉頭外傷、喉頭癌など)や、喀痰排出困難などの疾患(重症な肺炎、肺水腫など)、誤嚥などに適応となります。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です

■消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 64 0.84 1.30 0.00% 67.92
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 40 2.15 8.83 0.00% 70.53
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 14 2.21 8.07 0.00% 69.93
消化器科では、大腸ポリープや大腸腺腫に対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が多く、2泊3日での入院が大半を占めています。
早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD)は、粘膜下層にとどまる早期の胃がんや早期の大腸がんに対して行われる手術です。

■循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 27 004 16.63 3.70% 71.70
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 17 1.76 11.71 5.88% 71.47
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 - - - - -
循環器科では、経皮的冠動脈ステント留置術が行われています。ステントを使用し冠動脈の血管の開通性を保持し再閉塞や再狭窄のリスクを低減させるための治療法です。急性心筋梗塞・不安定狭心症・その他のもの(致死性不整脈など)に対して行われます。
ペースメーカー移植術は徐脈性不整脈や完全房室ブロックなどの疾患に対して行われます。
※数が - で表示されているものは10未満の場合です

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 26 0.45%
180010 敗血症 同一 21 0.36%
異なる 13 0.22%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
DIC(播種性血管内凝固症候群<はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん>)とは
・・・小さな血栓が全身の血管のいたるところにでき、小さな血管を詰まらせる全身性の重篤な病気です。
敗血症とは
・・・感染症をきっかけに病原菌が多量に血液の中に入り込むことで重篤な全身症状を引き起こす感染症です。
その他の真菌症とは
・・・真菌(カビなど)による感染症です。例として、白癬・カンジダ症などがあります。
手術・処置等の合併症とは
・・・手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行していますが、
  一定の割合で手術創や腹腔内に感染が起こってしまう術後感染症、胃や大腸の内視鏡的治療後の消化管出血などが発生してしまいます。
入院契機
同一:入院のきっかけとなった病気の診療目的で入院し、入院のきっかけとなった病気の治療を最も行った場合
異なる:入院のきっかけとなった病気の診療目的で入院したが、入院のきっかけとなった病気とは別の病気(併存症・続発症)の治療を最も行った場合
※数が - で表示されているものは10未満の場合です
更新履歴

平成27年度 南和歌山医療センター 病院指標


  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)


→ 1~7 ファイルのダウンロード


年齢階級別退院患者数      
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 370 85 97 108 228 450 987 1473 1324 353
平成27年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日)に退院された患者様の数を年代別で集計しています。
年齢は、入院された時の年齢で集計しています。
当院では60歳以上の患者様が全体の75%以上を占めています。
0~9歳の患者様は、ほぼ食物アレルギーの検査のための日帰り入院です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
■内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 55 23.31 14.34 0.00 78.67
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 35.25 21.69 5.00 87.23
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 21 13.76 5.50 0.00 63.52
①肺炎のうち、ウイルス性肺炎や誤嚥性肺炎、間質性肺炎以外の細菌性・その他の肺炎が該当します。
②誤嚥性肺炎とは、唾液や食物などが食道に流れず、肺などの気管内に入ってしまい引き起こされる肺炎です。喉頭の筋肉や嚥下反射が衰えた高齢者や麻痺者に多いです。
③ウイルス性腸炎の原因となる代表的なウイルスとして、ロタウイルス(主に小児)、ノロウイルス、アデノウイルスなどがあります。
■小児アレルギー科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1なし 216 1.00 2.63 0.00 3.28
小児の患者様について、日帰りの検査(小児食物アレルギー負荷検査)入院を実施しています。
■外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 55 3.67 4.53 81.82 68.82
100330xxxxx0xx 栄養障害(その他) 手術・処置等2なし 43 8.40 19.01 2.33 71.67
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 34 11.59 6.96 0.00 58.56
①結腸のがんの患者様に対する抗がん剤治療を実施しています。
②胃瘻造設や造設した胃瘻の交換目的での入院が該当します。
③胆嚢結石症の患者様に対し、低侵襲の(身体的負担が少ない)腹腔鏡下の手術を行っています。
■整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 77 37.40 28.70 0.00 83.09
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 副傷病なし 41 36.27 21.52 4.88 76.98
160760xx97xx0x 前腕の骨折 副傷病なし 27 12.48 5.70 0.00 66.26
①大腿骨(ふともも部分)の骨折です。高齢の方が転倒するなどして骨折することが多いです。
②胸椎も腰椎も脊椎(いわゆる背骨)の一部ですが、それらの骨折です。骨粗鬆症や交通外傷等により起こります。
③橈骨遠位端骨折です。手のひらをついて転んだり、自転車やバイクに乗っていて転んだりしたときに、前腕の2本の骨のうちの1本(橈骨(とうこつ))が手首のところ(遠位端)で折れる骨折です。
■脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 158 21.08 18.08 1.27 75.06
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 78 19.19 15.80 6.41 75.06
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術・処置等2なし 副傷病なし 62 22.37 19.32 4.84 70.44
①脳梗塞を生じた後の脳保護のためにエダラボンという注射薬を使用しています。24時間以内に投与します。これにより神経症候(神経系の病変による症状)や日常生活動作障害、機能障害の改善が確認されます。
②手術を実施しない、薬物による療法です。
③外傷によるものではなく、脳内出血等をおこした患者様の治療です。
■心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 副傷病なし 60 3.07 3.46 0.00 65.15
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 58 27.40 13.03 1.72 71.36
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 26 18.81 6.79 0.00 65.92
①下肢静脈瘤がある患者様に対する下肢静脈瘤血管内焼灼術を実施した症例です。
②肺がんの患者様に対して主に胸腔鏡下の(身体的負担が少ない)肺悪性腫瘍手術を実施しています。
③乳がんの患者様に対して乳腺悪性腫瘍手術を実施しています。
■放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術・処置等2なし 47 10.98 11.98 4.26 76.49
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術・処置等2-2あり - - - - -
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり - - - - -
①肝細胞がんの患者様に対して、肝動脈化学塞栓療法(TACE)や血管塞栓術を実施しています。
②骨に転移した腫瘍がある患者様に対して放射線療法を実施しています。
③肺がんの患者様に対して放射線療法を実施しています。(化学療法はおこなっていない症例です。)
※数が表示されていないものは10未満の場合です。
■泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 16 5.88 7.59 0.00 75.06
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 - - - - -
110080xx97x1xx 前立腺の悪性腫瘍 手術・処置等2-1あり - - - - -
①膀胱がんの患者様に対して、経尿道的手術を実施します。内視鏡下で行うので、開腹手術より身体的負担は少ないです。
②前立腺は膀胱の下にあり、なかを尿道が通っています.。この前立腺が加齢とともに肥大化することにより、尿道や膀胱が圧迫され、さまざまな排尿障害がでてくる病気が前立腺肥大症です。症状が重く、薬物療法では十分な改善がみられなかった場合、内視鏡手術が必要となります。
③前立腺がんの患者様に対して、経尿道的手術を実施します。
※数が表示されていないものは10未満の場合です。
■救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 29.80 21.69 2.17 85.59
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 2.90 3.58 13.79 51.72
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 21 17.24 14.34 0.00 84.00
①誤嚥性肺炎とは、唾液や食物などが食道に流れず、肺などの気管内に入ってしまい引き起こされる肺炎です。喉頭の筋肉や嚥下反射が衰えた高齢者や麻痺者に多いです。
②蜂刺されやマムシ咬傷から除草剤の中毒など様々です。
③肺炎のうち、ウイルス性肺炎や誤嚥性肺炎、間質性肺炎以外の細菌性・その他の肺炎が該当します。
■呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 53 23.68 14.34 1.89 76.32
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 3.23 3.29 18.75 70.50
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 44 21.23 13.38 84.09 67.95
①肺炎のうち、ウイルス性肺炎や誤嚥性肺炎、間質性肺炎以外の細菌性・その他の肺炎が該当します。
②肺がん疑いで検査入院を実施しています。
③肺がんの患者様に対して化学療法を実施しています。
■消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 28 10.57 9.20 0.00 72.54
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 副傷病なし - - - - -
060360xx99x0xx 慢性膵炎(膵嚢胞を含む。) 手術・処置等2なし - - - - -
①胃がんの患者様に対して、早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD)を実施しています。
②大腸のポリープや腺腫の患者様に対して、内視鏡的大腸ポリープ切除術を実施しています。
③慢性膵炎、またはその疑いでの入院です。精密検査を実施します。
※数が表示されていないものは10未満の場合です。
■循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 61 5.30 5.95 26.23 71.74
050130xx99000x 心不全 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 28.91 18.30 0.00 84.52
050030xx97030x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 22 20.82 17.15 0.00 66.00
①狭心症等の患者様に対して、心臓カテーテルやラジオアイソトープを用いた撮影を実施し治療します。
②心不全の患者様に対して、薬物療法を実施します。
③急性心筋梗塞や再発性心筋梗塞の患者様に対し、経皮的冠動脈ステント留置術や心臓カテーテル、ラジオアイソトープを用いた撮影を実施し治療します。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 38 13 23 23 33 11 1 7
大腸癌 34 18 21 26 60 12 1 7
乳癌 26 12 - - 10 - 1 7
肺癌 61 23 63 74 72 20 1 7
肝癌 - - - - 10 47 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
国際対がん連合(UICC)によって定められた病期分類別、および再発に分けて集計しています。
集計対象期間中(平成27年度)に複数回入院された患者様も1症例としてカウントしています。
この指標を作成するにあたって使用したデータの「がん患者/初発・再発」について、「初発」とは 自施設において、当該腫瘍の診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合で「再発」とは、自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者様を診断した場合や、治療がん寛解後に局所再発・再燃または遠隔転移をきたした場合を指します。
当院ではがんができるだけ早期のうちに内視鏡的治療や胸腔鏡下・腹腔鏡下治療で患者様への身体的負担が少ない治療を行っています。
手術・化学療法(抗がん剤治療)・放射線治療などを組み合わせて早期がんや進行がん、再発・転移がんの状態に合わせた幅広い治療を実施しています。
なお、UICC病期分類が不明に分類されている症例については、治療前の検査入院の場合は入院中に検査結果が出ていなかったり、遠隔転移の有無の評価を退院後にする方針であったり、当該入院中の情報だけでは病期分類ができないなどが理由として挙げられます。
※数が表示されていないものは10未満の場合です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 13 21.08 56.77
重症度 1 41 22.37 81.73
重症度 2 34 26.15 83.24
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 32 28.44 78.47
成人の市中肺炎につき、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計しています。
市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症する急性炎症です。
定義は以下のとおりです。
入院契機傷病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎等(疾病コード040080)であるもの
※ウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎、インフルエンザ等は除く
重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
A-DROP
Age(年齢):男性70歳以上、女性75歳以上
Dehydration(脱水):BUN 21mg/mL以上、または脱水あり
Respiration(呼吸):SpO2 90%以下(PaO2 60Torr以下)
Orientation(意識障害):意識障害あり
Pressure(収縮期血圧):収縮期血圧 90mmHg以下
上記のA-DROPの該当数により以下の重症度に分類されます。
重症度分類
軽症:該当項目がない場合。外来での治療の適応となる。
中等症:1~2項目該当する場合。外来または入院治療の適応となる。
重症:3項目該当する場合。入院治療の適応となる。
超重症:4~5項目該当する、または、1項目以上該当かつショックが存在する場合。集中治療室での治療の適応となる。
一番多いのは中等度である重症度1で全体の32%を占めています。
重症度0で入院されていた患者様は、38℃以上の高熱が数日間続くといった症状があるなど、患者様の容態によって入院となることがあります。
重症度が高くなる程、平均在院日数が長くなり、平均年齢が高くなっています。
※数が表示されていないものは10未満の場合です。
脳梗塞のICD10別患者数等
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 21 9.10 66.38 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 326 25.53 75.35 29.14
その他 32 16.19 75.06 37.50
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 17 9.35 72.82 5.88
その他 86 8.30 74.05 1.16
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
国際疾病統計分類(ICD-10 コ-ド)に基づいて脳梗塞等の分類にあたる患者様を集計しています。
各傷病名別に、
平均在院日数:病院に入院していた日数の平均値
転院率:当院から他の病院に移動して継続入院(転院)した患者数の割合
を集計しています。
当院の脳神経外科では、脳梗塞で救急車で搬送された患者様の集中的な治療を行っています。
脳梗塞の最も効率的な治療は脳梗塞が起こってから時間があまりたっていない時(早期)にしか行えません。
特にt-PA治療(t-PAによる経静脈血栓溶解療法)は起こって4,5時間以内、カテーテル(細い管)を使用して詰まった血栓を除去する血管内治療は8時間以内の患者様が対象となります。この限られた時間内に各科が連携をとり、治療に当たっています。
※数が表示されていないものは10未満の場合です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

■内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 25 2.72 1.08 0.00 66.16
K654 内視鏡的消化管止血術 17 2.82 12.41 11.76 73.24
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 13 8.08 10.69 7.69 70.77
・手術術式の点数表コード(K コード)により集計を行っています。
・輸血関連(K920$)や軽微な手術は除外しています。
・複数の手術を行った場合は、主たる手術のみ集計しています。
・平均術前日数:入院日から手術日までの日数(手術日当日は含みません)
・平均術後日数:手術日から退院日までの日数(手術日当日は含みません)
・転院率は、退院先が「他の病院・診療所」である患者様の数を全退院数で割りだしています。
■外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆のう摘出術 55 8.36 8.35 0.00 63.60
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 43 1.77 6.19 0.00 70.05
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 26 0.65 1.08 0.00 70.35

■整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 56 1.64 36.18 8.93 78.07
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 37 1.92 28.03 5.41 82.27
K0732 関節内骨折観血的手術 胸鎖、手、足 24 3.42 23.35 0.00 63.46
■脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 50 0.64 10.70 4.00 80.12
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 39 5.79 9.92 12.82 73.36
K178 脳血管内手術 27 0.59 18.85 14.81 68.07
■心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 60 1.00 1.07 0.00 65.15
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 44 5.00 29.14 0.00 70.66
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 28 1.11 16.29 0.00 66.82
■眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 43 1.26 5.07 0.00 76.91
■放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸部、腹腔内血管) 選択的動脈化学塞栓術 47 1.36 8.62 0.00 76.49
K6153 血管塞栓術(頭部、胸部、腹腔内血管) その他のもの - - - - -
※数が表示されていないものは10未満の場合です。
■泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 16 1.06 4.00 0.00 76.25
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質液利用のもの - - - - -
K821 尿道狭窄内視鏡手術 - - - - -
※数が表示されていないものは10未満の場合です。
■救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 14 6.57 40.43 50.00 75.71
■消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 47 0.64 1.38 0.00 67.68
K6532 内視鏡的胃,十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 27 1.26 8.37 0.00 72.67
K721-4 早期悪性腫瘍台帳粘膜下層剥離術 16 1.94 8.19 6.25 68.75
■循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 39 2.72 11.95 0.00 69.31
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 28 0.00 19.32 3.57 69.93
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 13 6.69 14.92 0.00 78.31
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 24 0.44
異なる 14 0.26
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
DIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症、その他の真菌感染症、手術処置等の合併症の症例数と発症率について、集計しています。
*DIC(播種性血管内凝固症候群<はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん>)とは
 ・・・小さな血栓が全身の血管のいたるところにでき、小さな血管を詰まらせる全身性の重篤な病気です。
*敗血症とは
 ・・・感染症をきっかけに、病原菌が多量に血液の中に入り込むことで起こる重篤な全身の感染症です。
*その他の真菌症とは
 ・・・真菌による感染症です。例として、白癬・カンジダ症などがあります。
*手術・処置等の合併症とは
 ・・・手術や処置などで一定割合で発生する、術後出血や創部感染症などが挙げられます。
入院契機
同 一:入院のきっかけとなった病気の診療目的で入院し、入院のきっかけとなった病気の治療を最も行った場合。
異なる:入院のきっかけとなった病気の診療目的で入院したが、入院のきっかけとなった病気とは別の病気(併存症、続発症)の治療を最も行った場合。
※数が表示されていないものは10未満の場合です。
更新履歴
TEL 0739-26-7050㈹
FAX:0739-24-2055
診療受付時間
午前8時30分~午前11時
休診日
・土曜日・日曜日、祝祭日
・年末年始(12/29〜1/3)
〒646-8558
和歌山県田辺市たきない町27-1
外来のご案内外来のご案内 入院のご案内入院のご案内 診療科のご案内診療科のご案内 交通アクセス交通アクセス

病院のご案内

外来のご案内

入院のご案内

新着情報

医療関係者の方へ

診療科のご案内