放射線科

診療紹介動画

〇放射線科紹介動画はこちら

放射線機器更新のお知らせ

CANON(旧東芝)  Aquilion™ PRIME 80列MDCT

平成28年度10月よりCT装置が更新され80列高速ヘリカルスキャンCT2台体制となりました。
最新鋭のキャノン社のマルチスライスCT Aquilion™ PRIMEとなりました。

TOSHIBA Aquilion™ PRIME 80列MDCT

80列高速ヘリカルスキャンのもたらすメリットは検出器の多層化による検査時間が短縮、,画像処理技術の発達に伴う画像精鋭度の向上および被ばく線量の低減です。検査時間も早く通常検査では一般的なCT装置で20秒~30秒ですが、当院の機種では撮影時間は約10秒程度)、息を止める時間も短くなり、従来の脳、胸部、腹部、四肢に加え造影剤を使った心臓の冠動脈CTや三次救急など様々な部位や状況に応じても広く細かな高精細な撮影が可能になり、画像診断に大きく寄与しています。

CT検査による被ばくも最新の被ばく低減システムである、AIDR(Adaptive Iterative Dose Reduction)を搭載し,高画質と低線量が実現されています。

最大の特徴として、従来の検査に加えて心臓の周りの血管(冠動脈)の描出や、体幹部の血管を詳しく描出できます。

心臓の血管描出は、これまでは四肢の動脈からカテーテルという管を挿入し撮影していましたが、80列CTの導入により静脈に針を刺して造影剤を注射することで、CTでの冠動脈撮影が外来で検査することが可能になります。 検査内容としては通常の造影検査に加え、心電図で心臓の動きを見ながら、高速CTの利点を活かし動きによるブレをなくしながら撮影していきます。


CTと同時に3D画像ワークステーションZIOstation2も導入され、撮影した検査データを再構築することによって、病気の発見や診断のしやすさに寄与できるシステムです。CT本体にも子供や耳の不自由な方も安心して検査を受けていただけるi-Stationも搭載されています。

今までは、検査の待ち時間が長くご不便をお掛けしていましたが4月からは「地域に密着した良質な医療を提供」するとともに、できるだけ待ち時間をなくせるように放射線科一同で努めてまいりたいと思います。CT装置や放射線の検査についてのご質問などは気軽に放射線科にご相談ください。 

診療医師のご紹介

医療技術部長 辻 孝(つじ こう)

和歌山県立医科大学卒

専門

  • 放射線医学
  • 放射線腫瘍学
  • IVR
  • 温熱療法

所属学会

  • 日本医学放射線学会
  • 日本放射線腫瘍学会
  • 日本ハイパーサーミア学会
  • 日本放射線影響学会
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本核医学会
  • American Society of Therapeutic Radiology and Oncology 他。

認定医など

  • 日本放射線科専門医
  • 日本放射線腫瘍学会認定医
  • 日本がん治療認定機構暫定教育医
  • 日本ハイパーサーミア学会指導

放射線科医師   田中 文浩(たなか ふみひろ)

専門

  • 画像診断
  • IVR

所属学会

  • 日本医学放射線学会

認定医など

  • 放射線診断専門医

放射線科医師  居平 浩延(いひら ひろのぶ)

専門

  • 画像診断
  • IVR

所属学会

  • 日本医学放射線学会
  • 日本インターベンションラジオロジー学会

認定医など

  • なし

放射線科医師   槙谷 彩乃(まきたに あやの)

専門

  • 画像診断

所属学会

  • 日本医学放射線学会
  • 日本インターベンションラジオロジー学会

★認定施設

●放射線科専門医修練機関(日本医学放射線学会)(放射線診断学、放射線治療学、核医学の3部門)

●日本放射線腫瘍学会認定協力機関(日本放射線腫瘍学会)

●マンモグラフィー検診施設画像認定施設(NPO法人マンモグラフィー検診精度管理中央委員会)

●特色

4床の放射線科病床を有し、臨床各科との協力のもとに放射線治療、インターベンショナル・ラディオロジー(IVR)及び各種の画像診断を行っている。また悪性腫瘍に対する放射線治療を行っている。治療にあたっては十分なインフォームド・コンセントのもとにエビデンスに基づいた医療を心がけている。

●症例数・治療

★放射線治療の年間の新規登録数は約200名である。部位別にみると乳癌、前立腺癌、肺癌、食道癌、転移性骨腫瘍、造血器腫瘍、結腸直腸癌、膵臓癌などとなっている。 通常の放射線治療に加え、2011年2月から和歌山県内で初めて強度変調放射線治療(Intensity Modulated Radiotherapy (IMRT))が開始され、2017年には、前立腺癌患者30例にIMRTを施行した。IMRTは標的に十分な線量を照射し、かつ直腸などの周辺の正常組織、臓器への被曝を最小限にする最適な照射方法をコンピューターで最適化計算を行うことによって施行する高精度の照射方法で、放射線の有害事象を極力抑制し、治療効果を上げることが出来る。
骨構造や、腫瘍位置情報により、高精度で位置を決めをして放射線治療を行う、画像誘導放射線治療(IGRT)も行っている。
また、脳定位手術的照射(Stereotactic radiosurgery (SRS))、体幹部定位照射、3次元原体照射も行っている。さらに、必要に応じて抗癌剤の併用、また、放射線の加速超分割照射なども行っている。


★血管撮影については、脳・心臓以外は放射線科で施行している。2017年1年間の血管撮影件数は約505件で、IVR施行例が約半数である。
★1年間のX線CTの検査件数は約17,000件、MRIが約7,500件、RIが約400件である。



●医療設備

リニアック、MDCT(80列、2台)、MRI(3T 1台・1.5T 1台)、ガンマカメラ(SPECT)、血管撮影装置(2台)、X線テレビ、乳房撮影装置など。
(平成28年8月現在)



●放射線治療外来診療

火曜日~木曜日
辻Dr:火・水・木。
初診受付は午前8時30分~午前11時まで

TEL 0739-26-7050㈹
FAX:0739-24-2055
診療受付時間
午前8時30分~午前11時
休診日
・土曜日・日曜日、祝祭日
・年末年始(12/29〜1/3)
〒646-8558
和歌山県田辺市たきない町27-1
外来のご案内外来のご案内 入院のご案内入院のご案内 診療科のご案内診療科のご案内 交通アクセス交通アクセス

病院のご案内

外来のご案内

入院のご案内

新着情報

医療関係者の方へ

診療科のご案内